目の疲れ ツボ

目の疲れに効くツボ|簡単に押せて効果が高い3箇所

目を使いすぎると、目の筋肉がこり固まり、血行が
悪くなります。すると、目の筋肉の中に疲労物質が
溜まり、不快感や痛みなどが発生します。

 

 

ツボを押すと、筋肉のコリがほぐれるため血行が
良くなり、不快感や痛みが和らぎます。
特に、目の疲れに効果のあるツボが
睛明(せいめい)、客主人(きゃくしゅじん)、風池(ふうち)
の3つです。

 

 

睛明(せいめい)

目頭の内側と鼻とが重なった、くぼんだ部分にあり
ます。この部分を目を閉じ、親指と人差し指で
つまむようにして1分程度優しく押してください。

 

 

ツボを押しながら目を強くつぶったり、円を描く
ように押すと色々な方向から刺激を与えられる
ので、つぼ押しの効果が高まります。

 

 

客主人(きゃくしゅじん)

目じりともみ上げを結んだ線の中央部分にあります。
中指を人差し指の上に重ね、顔を挟むように、指圧
します。指をゆっくりと円を描くように動かすと
効果がアップです。

 

 

人差し指に中指を重ねると、指が固定されるので、
指が滑って目の中に入ってしまうことが防げます。
目に近いので力を入れすぎに注意してください。

 

 

風池(ふうち)

耳たぶの後ろにある下に向かっている骨の先端から
髪の毛の生え際を線で結び、その中央にある凹んだ
部分です。

 

 

両手の親指をツボに当て、残りの指は頭を包み込む
ように添えながら押します。10秒間息を吐きながら
指圧し、その後息を吸いながら指を離します。
指全体をゆすって、軽く振動を加えると、力がツボに
届きやすくなります。

 

 

ツボ押しの効果をアップさせるサプリメント

ブルーベリーサプリメントを飲むと、目の周りの血行が
よくなるので、ツボ押しの効果がアップしますよ。