目の疲れ 温める

目の疲れは温めて解消|冷やすのは疲れを隠しているだけ

目の疲れを取るためには、目の周りを温めたほうが良い
のか、それとも冷やすほうが良いのか迷っている人も多い
かと思います。

 

 

目の疲れを取るためには、目の周りの血行を良くすること
が大切です。血行が良くなると、筋肉に溜まった老廃物
が排泄され、疲れを取るために必要な酸素、栄養がたく
さん目に運ばれてくるからです。

 

 

目の周りを温めると、血管が拡張したり、目の周りの筋肉
がほぐれて血行が良くなります。逆に、目の周りを冷やすと
血管が収縮して、血行が悪くなってしまいます。

 

 

目の周りを冷やすと疲れが取れたと感じるのは、目の周り
の神経が鈍感になるため、痛みや不快感を感じにくくなる
からだと思います。

 

 

目を温める一番効果的な方法はお風呂です。
シャワーではなく、できれば湯船に浸かってください。湯船に
ゆっくり浸かることで体全体が温まり血行が良くなるので、
目だけでなく肩、首などの疲れが取れます。

 

 

もっと手軽に目を温めたいときには蒸しタオルがお勧めです。
蒸しタオルをまぶたの上に乗せることで、じんわりと目の周り
が温まり、血行が良くなり、目の疲れが和らぎます。

 

 

蒸しタオルの作り方は、まず水で濡らしたタオルを、水滴が
出てこなくなるまでギュッと絞ります。
そのタオルをラップで包んで、電子レンジ(600W)で1分間
程度温めれば出来上がりです。

 

 

加熱直後は、とても熱いのでやけどしないように気をつけて
ください。少し冷ましてから、まぶたの上に乗せてください。