頭を締め付けるような痛み

頭を締め付けるような頭痛|解消するには目の疲れを取ることが必要

長時間のパソコンやテレビ、読書、車の運転などで目を
酷使すると、目の周りの筋肉にコリが発生します。
すると、血行が悪くなるため老廃物が溜まり、不快感や
痛みが発生します。

 

 

また、目の周りの筋肉と首、肩の筋肉は密接な関係が
あるため、目の周りの筋肉のコリが首コリ、肩コリを
引き起こしてしまうことが多いです。

 

 

さらに、目、首、肩と頭の近くにある筋肉がコリ、
血行が悪くなると、老廃物が溜まり、頭痛を引起して
しまいます。
この頭痛を緊張型頭痛と言います。

 

 

緊張型頭痛の特徴は、頭全体をグゥーっと締め付ける
ような痛みがあります。特に、疲れが溜まってくる
夕方に起こりやすいです。

 

 

頭を締め付けるような頭痛を解消するサプリメント

 

 

目の疲れからくる頭痛を解消|筋肉をほぐして血行を良くする

緊張型頭痛を解消するためには、とにかく目を休める
ことが大切です。十分な睡眠をとり目を休めてください。
と言っても、忙しくて十分な睡眠が取れない人も多いと
思います。なので、パソコンや車の運転などをするときは
こまめに休憩を取って疲れを溜めないようにしましょう。

 

 

目の周りの筋肉をほぐすストレッチ

休憩のときに、こり固まった目の筋肉をほぐすことも
大切です。目の周りの筋肉も首や肩と同じように
簡単なストレッチをすることでほぐれ、血行が良くなり、
目の疲れが和らぎます。

 

 

目の周りの筋肉は、遠くのものと近くのものを交互に
見たり、頭を動かないようにして、目を上下、左右、
斜めに動かすとほぐれます。

 

 

上手く目を動かせないときは、指を使います。腕を
伸ばし、親指を立てます。親指の爪から目を離さない
ようにして、腕を上下、左右と動かしてください。

 

 

ストレッチを始めたばかりのときは、痛みを感じる
ことがあります。これは、こり固まっていた筋肉が
ほぐれている証拠です。筋肉がほぐれてくると徐々に
痛みもなくなってきます。

 

 

目の周りを温めてあげることも効果的

温めることで血行が良くなり、溜まっていた老廃物が
排泄されやすくなります。また、血行がよくなることで
酸素や栄養が目にたくさん送られ、疲れが解消されます。

 

 

目の周りを温めるには、お風呂が一番ですが、手軽に行い
たいときは蒸しタオルがお勧めです。水で濡らしたタオルを
ギュッと絞り、サランラップで巻いて、電子レンジ
(500W)で一分温めれば作れます。少し冷ましてから
目の上に乗せると、じんわりと温まり気持ちが良いですよ。

 

バランスの良い食事

目の疲れを取るには、バランスの良い食事をして、栄養を
しっかり摂ることが基本です。栄養が不足していると、
疲れはどんどん溜まっていきますからね。

 

目に良いといわれている食べ物(栄養素)は、

  • にんじんやかぼちゃ、ホウレン草などに多く含まれているビタミンA
  • 豆腐、納豆、豚肉、さんま、うなぎなどに多く含まれているビタミンB群
  • イチゴ、みかんなどに多く含まれているビタミンC
  • ホウレン草、キャベツ、レタスなどに多く含まれているルテイン
  • 青魚(イワシやサンマなど)などに多く含まれているDHA
  • ブルーベリーになどに多く含まれているアントシアニン

 

普段の食事では不足してしまう栄養素は、サプリメントで摂るのも1つの
方法です。

 

お勧めのブルーベリーサプリメントはこちら