老眼 初期症状 30代

30代で老眼の初期症状|主な原因は目の疲れ

老眼は、40代、50代になってから始まると思っている方が
多いと思います。以前は確かにそうでしたが、最近は30代で
老眼の初期症状が現れてしまう方が増加しています。

 

 

目が疲れやすくなった、肩こりや頭痛が頻繁に発生する、
夕方になると視力が落ちる、焦点が合いにくくなったなどの
症状があるのであれば、老眼が始まっている可能性が
あります。

 

 

特に、仕事で長時間パソコンを使っている方は気を
つけてください。なぜなら、30代から老眼が始まる
主な原因は、目の疲れだからです。

 

 

仕事中こまめに休憩して、目を休めていますか?
帰宅してから目のケアをしっかりしていますか?
仕事で目は疲れきっているのに、帰宅後にスマホを
見たり、ゲームをしていませんか?

 

 

目の疲れが老眼を引き起こす

目の焦点は、レンズの役割を果たしている水晶体の
厚みを変えることで合わせています。その水晶体の厚みを
変えているのが毛様体筋という筋肉です。毛様体筋が
水晶体を押したり、引いたりすることで厚みを変えます。

 

 

歳を重ねることで起こる老眼は、水晶体と毛様体筋の
老化によるものです。老化により、水晶体の弾力が無く
なったり、毛様体筋の力が弱くなるために水晶体の
厚みが変えられずに焦点が合いにくくなります。

 

 

30代では、水晶体の弾力は失われませんが、長時間
目を酷使すると毛様体筋に疲労が溜まり、衰えます。
そのために、水晶体の厚みが変えにくくなり、焦点が
合いにくくなってしまうのです。

 

 

仕事中は定期的に休憩を取り、目を休めてください。
その際に、疲れ目に効果的なツボ押しやストレッチを
すると効果的です。また、帰宅後は疲れ目ケアを
行ってください。

 

 

目の疲れを取る方法