ブルーベリー 眼精疲労

ブルーベリーで眼精疲労を解消|アントシアニンで目の機能低下を防ぐ

目に良い食べ物は?と質問されたときに、多くの人は
ブルーベリーと答えます。ブルーベリーが目に良いと
言われる理由は、ブルーベリーに多く含まれるアント
シアニンという成分が、網膜の機能を高めるからです。

 

 

アントシアニンは青紫色の色素で、ブルーベリーの皮に
多く含まれています。ブルーベリーはアントシアニンを
皮に蓄えることで、太陽の紫外線から実(身)を守って
います。

 

 

そんなアントシアニンを摂取すると、目の血行が良く
なります。血行が良くなると、疲れを解消するために
必要な酸素や栄養素を目にしっかり送ることができます。

 

 

また、アントシアニンは網膜内にあるロドプシンという
物質を作り出す手助けをします。光を見ると網膜内に
あるロドプシンが分解され、このとき発せられた信号が
脳に伝わることで光を認識します。

 

 

分解されたロドプシンは、時間が経過すると元に戻り
ます。しかし、長時間のパソコンやスマートフォンなど
で目を酷使すると、ロドプシンが元に戻る前に分解が
どんどん進み、数が減少します。

 

 

ロドプシンの数が減少すると、脳への信号も減少する
ので光が認識しずらくなる、つまり、物が見えずらく
なります。すると、目を細めるなど目に余計な力が
入ってしまい、目が疲れてしまいます。

 

 

アントシアニンは、ロドプシンが元に戻ることを手助け
できるので、ロドプシン減少による目の機能低下を防ぐ
ことができます。このような働きがあるので、アメリカ、
ヨーロッパでは、医薬品としても使われています。

 

 

アントシアニンは、ブルーベリー以外にもナスや紫イモ、
紫キャベツといった紫色をした植物にも多く含まれて
います。中でも多くアントシアニンを含んでいるのが
北欧産野生種のビルベリーです。

 

 

ビルベリーに含まれているアントシアニンの量はブルー
ベリーの4〜5倍も多く含まれています。ただ、ビル
ベリーはなかなか市販されていません。さらに、アント
シアニンの効能は24時間で切れます。

 

 

なので毎日、少しずつ食べる必要があるのですが、
ちょっと続けるのは難しいかと思います。そこで、便利
なのがビルベリーのサプリメントです。小さなカプセル
を1〜2個飲めば、十分な量が摂取できます。