ルテイン 効能

パソコンのブルーライトから目を守る|ルテインで目の老化を防ぐ

にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれて
いるルテインという成分には、目を守る働きがあります。
目はおきている間は常に光にさらされていますが、目は
その光によってダメージを受けます。

 

 

ルテインは、光を遮ったり、光によるダメージを修復
する力を持っています。さらに、パソコンやスマホから
発せられる目に有害な青い光を吸収する働きもあります。
この働きから天然のサングラスと呼ばれることも。

 

 

ルテインは、緑黄色野菜だけでなく人間の身体の中、
特に目の水晶体や黄班部にも存在し、目を守っています。
しかし、ルテインは加齢や紫外線、青い光(ブルーライト)
により減少します。さらに、体内で新たに作り出すこと
もできないので減少する一方です。

 

 

ブルーライトとは?

青い光は、光の中で最も高いエネルギーをもっている
ので、目の細胞に大きなダメージを与えます。そのため
白内障など目の病気の原因になります。青い光は、人工
の光(蛍光灯、パソコン、テレビ、スマホなど)にたくさん
含まれています。

 

 

目の健康を保つためにも、食事やサプリメントから積極
的に取ることが大切です。ルテインは油に溶けやすい
性質を持っているため、油(脂)と一緒に取ると、効率
よく吸収できます。

 

 

お肉と一緒に食べたり、油で炒めたりすることで、
緑黄色野菜に含まれているルテインが溶け出し、吸収率
がアップします。しかし、十分な量のルテインをとるには
ほうれん草だと4株以上、にんじんだと10本以上が
必要になるので、食事だけ摂取することはなかなか
難しいです。

 

 

食事から取ることが基本ですが、補助的にサプリメント
で補給したほうが良いかもしれません。また、ルテイン
はブルーベリーエキスと一緒にとると吸収率がアップ
すると言われています。ルテインとブルーベリーエキス
が配合されたサプリメントを選ぶことをお勧めします。