目の疲れを取る 

眼精疲労を回復するには?|目の周りにある筋肉をほぐす

目の疲れと言えば、以前は読書が好きな人や細かいものを
見続けるような仕事をする人だけの悩みでした。しかし、
パソコンやスマホ、ゲームなどの急激な普及で子供から
大人まで目の疲れに悩まされるようになりました。

 

 

軽い疲れ目であれば、十分な睡眠をとれば回復します。
しかし、生活習慣を変えず、疲れ目ケアをしないで放置
すると、疲れは少しずつ溜まり、中度の疲れ目になります。
目の奥の痛み、ドライアイ、目の充血、ピントが合わない
などの症状が出始めます。

 

 

さらに、目のケアをしないと重度の目の疲れになり、症状は
目だけでなく頭痛や吐き気、肩こり、不眠倦怠感、集中力
の低下など全身に症状がでます。また、疲れに疲れが積み
重なっている状態なので、簡単には解消出来なくなります。

 

 

手や足などは疲れれば休ませますが、目は疲れても
休ませることを忘れがちです。目をたくさん使う
ときには、こまめに休憩を取りましょう。

 

また、目を酷使しした後には、しっかり目のケアを
行い、疲れを溜めないようにしましょう。

 

目の疲れとは目の周りの筋肉疲労のこと

 

目の疲れとは、目の周りの筋肉が疲労した状態のことを言います。
パソコン、ゲーム、テレビ、スマホ、読書のように、目に近い
ものを同じ姿勢で長時間見続けることは、目の周りの筋肉に大きな
負担をかけます。

 

 

人が物を見るためには、目に入ってきた光を
目の奥にある網膜に綺麗に写るように焦点を
合わせなくてはいけません。この焦点を合わせ
ているのが水晶体です。

 

 

水晶体の厚みを厚くしたり薄くしたりすること
で光の屈折を変化させ焦点を合わせています。
そして、水晶体の厚みは水晶体の周りにある
毛様体筋という筋肉が伸びたり縮んだりする
ことで変化させています。

 

 

遠くを見るときは、毛様体筋の力を抜いて水晶体を薄くし、
近くを見るときは、毛様体筋に力を入れて水晶体を厚くします。
近くのものを長時間見ていると、毛様体筋に力が入り続ける
ので、どんどん疲労が溜まります。

 

 

また、物を見るときには目の向きを合わせ
なくてはいけません。目の向きを合わせて
いるのが目の周りにある外眼筋という6本の
筋肉です。それぞれの筋肉が緩んだり緊張
したりすることで目の向きを合わせています。

 

 

同じ姿勢を長時間続けると腕や脚、肩や首が
疲れてくるように同じ姿勢で同じものを長時間
見続けると外眼筋が疲れます。

 

 

 

焦点を合わせている毛様体筋、目の向きを合わせている外眼筋、
この2つの筋肉の疲労が、目の疲れの正体です。つまり、この2つの
筋肉の疲労を取ること、溜めないことが重要です。

 

 

目の周りの筋肉の疲労(目の疲れ)を取る方法