目の疲れに効く食べ物

目の疲れに効く食べ物|栄養をしっかりとって眼精疲労解を解消

ブルーベリー

目の良い食べ物と言えば、ブルーベリーが有名だと思います。
ブルーベリーの皮には、目にさまざまな良い効果をもたらす
アントシアニンという成分がたくさん含まれています。

 

 

アントシアニンには目の血管を強くし、血液の流れを良くする
働きがあります。目に送られる血液の量が増えることで、疲れを
取るために必要な栄養や酸素をたくさん送ることができます。
また、目に溜まった疲労物質を排泄しやすくなるので目の疲れ
解消につながります。

 

 

また、目に入ってきた光を脳に伝えるロドプシンという
タンパク質の再合成をスムーズにします。目に光が入ると、
網膜の中にあるロドプシンが分解します。このとき脳に
信号が送られ、光を見ることができるようになります。

 

 

分解したロドプシンはすぐに再合成しますが、目を使い
過ぎると再合成が分解に追いつかず、数が減少します。
ロドプシンの数が減れば脳への信号が減るので、目に
光が入っても脳が反応せず物が見えにくくなります。

 

 

物が見えにくくなると、目に余計な力が入り、目が疲れ
やすくなります。アントシアニンはロドプシンに働きかけ
再合成を促進させることができるので、物が見えにくく
なることを防いでくれます。

 

 

えがおのブルーベリー

 

 

ルテイン

ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜やキク科の草花
マリーゴールドはルテインという栄養素がたくさん含まれて
います。ルテインには、目を光のダメージから守る性質を
持っています。

 

 

太陽の光に含まれる紫外線、パソコンやスマホなどの人工的
に発せられた光に含まれる青い光。これらが目に入ると目の
細胞にダメージを与え、白内障の原因になります。

 

 

白内障とは、目の焦点を合わせるレンズの役割を果たしている
水晶体が濁り、目のかすみや視力低下などが起こる病気です。
白内障は老化により起こるのですが、最近はパソコンやスマホ
ゲームなどの影響により若い世代にも見られるようになりました。

 

 

ルテインにより、目を光のダメージから守ることで白内障予防
が期待できます。ルテインはもともと眼の中にもあるのですが、
加齢や紫外線、人工の光などにより少しずつ消費されます。
さらに、体内で新たに作りだすことが出来ないので、野菜や
サプリメントなどで常に摂取することが必要になります。

 

 

メグスリノキ

メグスリノ木とは日本特産の木で、その名の通り目の健康を
保つ成分を含んでいます。戦国時代の頃から、樹皮や葉、
小枝を煎じて飲んだり、洗眼、目薬として使われてきました。

 

 

しかし、明治時代に西洋から目薬が入ってきて、徐々に人気
がなくなったのですが、研究が進み、目に良い成分が含まれて
いることが判明しました。最近では、目薬や飲む目薬として
使われるようになりました。

 

 

ビタミンA

鶏のレバーやうなぎなどに多く含まれいるビタミンAは目の
ビタミンと言われほど、目には欠かせない栄養素です。

 

ただし、妊娠をしている人は、取りすぎないように注意して
ください。取りすぎるとお腹の赤ちゃんに奇形を生じてしまう
危険があります。

 

 

普通の食事であれば問題ないですが、レバーをたくさん食べ
たり、サプリメントをたくさん飲むと過剰摂取になることが
あります。出来れば、ビタミンAそのものではなく、ほうれん
草などに含まれるベータカロチンで取るようにしてください。

 

ベータカロチンは、ビタミンAが不足するとビタミンAに変化
する性質を思っています。過剰に摂取しても悪影響が
ないので安心です。